Skip to content

UEBAを使って内部に潜む脅威を把握

ビジネスの世界でもプライベートでも、多くの人がコンピューターネットワークを使っています。最近は自由なスタイルで働きたい若者が増え、在宅勤務を選択する会社員も珍しくないです。企業も社員もメリットを得られるテレワークですが、サイバー攻撃などの脅威に晒されるリスクもあります。UEBAツールを利用すると、セキュリティの担当者は素早く異常を特定できます。

ネットワーク上では膨大なデータが移動していますが、UEBAツールならデータの中から悪質なデータを見つけられます。従来の防御システムとは異なり、機械学習や人工知能の技術を活かして正当なユーザー認証を判断できます。UEBAツールには、セキュリティを守る様々な機能が搭載されています。企業では、従業員が騙されてサイバー攻撃の被害を受けるケースもあります。

セキュリティ対策を実施しているシステムが攻撃する側をブロックできない場合でも、UEBAツールなら境界内の脅威を阻止できます。多くの企業が自社の従業員を信頼していますが、中には悪質な従業員も存在します。従業員なので、外部の攻撃者に比べると簡単に悪質な計画を実行できます。UEBAツールはインサイダーの脅威にも対抗できるので、レベルの高いセキュリティを確保します。

情報を細かく分析して外部と内部の脅威を見つけられるツールなので、幅広い分野で使われています。データの分析は大きく分けて2種類に分類され、通常と異なる活動を特定すると警告を出せます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です