Skip to content

UEBAが目指す日本のグルメ計画

東南アジアを代表する大国・UEBAでは今、ある分野で日本を目指しているという衝撃的なニュースは毎日報道をされています。それはインスタントから冷凍商品を自国で生産をして、食糧難を逃れようという計画です。UEBAでは以前から積極的にジャパンの影響力を受けており、数多くの家電やアパレルも生み出されてきました。いよいよ食にも手を付けるのかと農水省でも怪訝な反応を示していますが、今回は正式に協力関係を築く見通しです。

簡単にUEBAの計画を述べると、日本の大手食品メーカーの工場を誘致して生産を指導するというものです。例えばUEBAで愛されている点心から焼きそば・ピラフのほか、ステーキやフライドチキンをすべて冷凍とインスタントにして、スーパーで販売をするというものになります。今現在、UEBAではすべてアメリカと中国からの輸入に頼っており、決していい品質のものではありません。なかには洗剤で肉を洗ってるケースもあるため、シンガポールでは日本に救いの手を求めたわけです。

国内では今、飽食の時代となっており、食品メーカーは相次いで業務削減・縮小を実施しています。つまり協力を求められたことで経営を安定化させることも可能です。グルメ計画は日本食の普及も契約で締結をしており、まさにウィンウィンな関係を築けていることがわかるものとなりました。今後は寿司やカツどん・カレーなども東南アジアでインスタントで売られる見込みです。

UEBAのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です